Tree of Saviorの操作方法を考察してみた

どうしても書きたくなったのでブログに書いてみる。検索で来てくれた人が見てくれると嬉しいな。

そういう人向けの記事なのでTree of Savior(以下ToS)が何なのか?とかそういうことはすっ飛ばします。

記事を書いている人の状況

こういう記事を書いてると、お前は何をどれだけやったんだ?という基準で考察内容が偏ると思うので、簡単な自己紹介。

  • プレイ期間はCβTから始まり、OβT~現在までほぼ毎日プレイ
  • CβTから合わせると6キャラほどをプレイ
  • ソードマン系だけは1回もまともにやっていない
  • 現在はランク5アチャ系、ランク6ウィザード系、ランク6クレリック系の3キャラをプレイ
  • それぞれシャウレイの周回や野良IDに毎日参加する程度まではやりこんでいる
  • ラグナロクオンラインのプレイヤーだった

って感じです。ソードマン系の人の参考にならない場合もあるのでご注意ください。

3つの操作方法

ToSには3つの操作方法があり、どの操作方法でやればいいのか?という話題はあちこちで見かける。

操作方法は設定から切り替えることができる。

screenshot_20161011_00002

  • キーボード操作 → ToS的にはデフォルトだと思う
  • マウス操作 → 一般的なPCゲームの操作に合わせてある
  • パッド操作 → コントローラーで操作できる

筆者はマウス操作でやり始め、一番長く使ったのがキーボード操作であり、現在はパッド操作に落ち着いている。

それぞれの操作方法について考察していく。

 

アクティブショートカットキーとノンアクティブシュートカットキーについて

この記事の中で使う用語として、勝手に言葉を定義してみた。

  • アクティブショートカットキー → 歩きながらでも即座に発動できるシュートカットキー
  • ノンアクティブショートカットキー → 歩きながらだと使うことができない(もしくは常人にはできない)ショートカットキー

分かりやすいところだと、キーボード操作であればASDあたりが最もアクティブショートカットキーであり、Ctrl+0とかはノンアクティブショートカットキーと定義できる。

このあたりは人によって異なると思うため多少の差異はあると思う。

ちなみに筆者はIT業界+ゲーマーということで、ノンゲーマーの人よりかはアクティブショートカットキーの範囲が広いとは思う。

自分の操作方法でどのあたりがアクティブショートカットキーになるかを想像しながら記事を見て欲しい。

 

シフト+8~0キーとかがアクティブショートカットキーとはいえない図。

img_0016

 

キーボード操作について

前述したとおり、キーボード操作はToSのデフォルト設定になっている。

最初のクエストで歩き方とか攻撃方法などが出てくるが、キーボード操作での説明がでてくる。

 

ただ、その瞬間にかなりの違和感を感じた人たちがいるはずだ。

どういう人達かというと、PCゲーマーの人たちだ。

速攻でマウスモードに切り替えた人たちはゲーマーの人たちじゃなかろうか?

 

普段からPCゲームをしない人はピンとこないかもしれないが、PCゲームでキャラの移動といえばWASDがデフォルトであり、カーソルキーを使うことはないからだ。

もう10年以上PCゲームをやっているが、カーソルキーでキャラを動かすゲームなんて記憶にない。

また、通常攻撃がZキーに当てられているため、ToSのホームポジションはこんな感じになる。

img_0017

通常攻撃よりスキルのほうが良く使うクラスの場合はASDがホームポジションでも良いと思う。

PCゲームのホームポジションでもなければ、一般的なキーボードのホームポジションでもないため、非常に違和感がある。

一緒にプレイしている友人はキーボードの設定を変えてZXCをそれぞれASDに変更していた。それでかなり快適になったようだ。

 

次にキーボードのアクティブショートカットキーを考察してみる。

 

個人的にアクティブショートカットキーと思えるのはこのあたりだと思う。

screenshot_20161011_00002

シフト+6とかは正直つらいし、右手がカーソルキーで固定されているということでoとかpキーを画面を見ながら左手で押すのは相当な慣れが必要だと思う。

緊急性の低いものは右手で操作するものと割り切って、IとかKあたりは右手を移動して使っても良いかもしれないが、疲れそうな気がする。

 

キーボード操作のメリット

  • ショートカットキーが素直な感じで使いやすい
  • 人によって違うかもしれないが、アクティブショートカットキーが一番多い
  • チャットのやりやすいさ

キーボード操作のデメリット

  • ゲーマーにとっての違和感
  • キーボードや机によっては手を痛める可能性がある(複数の人から報告あり
  • 他のゲームと同時進行してるときに混乱する

 

マウス操作について

キーボードの次に紹介したいのがマウスモードだが、クラスによってはマウスモードに変えた途端に「操作がやりにくい可能性がある」のような警告文がでてくる。

キーボード操作で違和感を感じた人が最初に試すモードだと思うし、筆者もこれでスタートした。

 

とにかくマウスモードだと違和感がない。WASD移動+マウスでのターゲッティング。いつもの感じだ。マウスクリックでの移動もできるため、ラグナロクオンラインに一番近い操作方法になっている。

img_0015

特にアーチャーでのターゲッティングとは相性がいい。

確実に狙いを定めたところに通常攻撃やスキルを打ち込めるが素敵である。

 

また、他の操作方法ではできない「アナログなキャラ移動」もできる。

WASD以外にもマウスでの移動もできるのだが、上下左右+斜め以外に滑らかな動きができる。

シャウレイでスムーズに移動している人がいたら間違いなくマウスだろう。他の操作方法では斜め移動と横移動を切り替えながらジグザグに動く必要がある。

 

マウス操作でのアクティブショートカットキーだが、正直なところ絶望的である。

キーバインドや慣れでかなり変わるとは思うのだが、何かのキーを押しながら発動させるといのは常用できる感じではない。指がやられる。

screenshot_20161011_00003

キーバインドを変えてもこのあたりが限界じゃなかろうか。1~5キーあたりで操作が完結するのであればこれで良いとは思うが、そんなゲームではない。

カスタマイズ可能なゲーミングマウスにcontrolキーやaltキー、Shiftなどを当てれば相当快適になる感じはある。

 

また、マウスモードでの最大の問題点が、WASD移動時に特定のスキルでゲームの仕様どおりにスキルを発動させることができないということだ。

分かりやすいのがウィザードのエナジーボルトだ。他にもクォレルのラピッドファイヤや、少し違うがカタフラクトのラッシュなどもこれに当てはまる。

 

ショートカットキーを押しながら動ける(または動く必要がある)場合、WASD移動をやめてマウスでの移動に即座に切り替える必要がある。

1~5キーを押しながらWASDでジャンプ避けしつつ発動とか、常人に出来る操作ではない。

その場合はクリックでの移動にすればいいと思うかもしれないが、他の操作方法に比べて機敏にキャラを動かすことが難しい。

これは人によると思うが、移動のためにマウスのクリックをずっと押し続けるというのは指への負担があるため辛い。ラグナロクオンラインのプレイヤーだったとき、常に右手の人差し指が痛く、たまに中指で左クリックをしていたことを思い出した。

 

またちょっと状況が特殊なのだが、クエストの進行時にマウス操作では不利になることがある。クレリックのフェイドを取っている人は敵を無視して収集したりすることがあると思うのだが、あの操作がマウスだとかなり辛い。なぜなら重なっている敵を殴ってしまうからだ。フェイドじゃなかったとしてもクエが進行しにくいのは明らかである。

 

マウス操作でのメリット

  • PCゲーマーにとっては違和感がない
  • 圧倒的なターゲッティング性能(PvPマスケとかいいかも)
  • スムーズなアナログ移動ができる

マウス操作でのデメリット

  • アクティブショートカットキーの少なさ(もしくはかなり無理がある)
  • そもそも無理やり実装してる感じがあり、全体的に辛い
  • 他の操作モードではできるのに、マウスだとかなり辛い動きがある
  • クエストの進行が辛い時がある

 

パッド操作について

先に言っとくけど、ToSの操作方法でキーボードとマウスしか使ったことがないのに誰かに語るのは論外だ。

マウスが良いだのキーボードが良いだの人に言う前に箱コンをつないでプレイしろ。とだけ言いたい。

 

正直なところ、MMOでパッドとかなめてるのか?とかありえない!というのが第一印象だった。

そのため筆者もパッドでプレイするのは遅いタイミングだった。おそらく9月後半くらいからだろう。

 

この手の操作比較記事のようなものをチラホラと見かけるようになってきて、パッド派が意外と多いということがわかったのでやってみることにした。

現在未実装なのか仕様なのかわからないが、ゲーム内ではパッドのコンフィグを変えることができず、このように固定されている。

マップ、クエスト報告、コンパニオンの乗り降りなど、基本的な操作も全て問題ない。

screenshot_20161011_00007

 

なぜパッドがありえないと思いこんでいたかというと、ショートキー少ないんじゃないの?ってことだ。

これはそもそも間違いで、ToSのパッド操作ではアクティブショートカットキーが20個、ノンアクティブシュートカットキーが20個、合計40個も登録できる。

実はキーボード操作・マウス操作も40個なので同じである。

また、アクティブショートカット20個について言えば、キーボードやマウスよりも遥かに使いやすいし、ノンアクティブシュートカットに関して言えば全領域が素直に使える。

 

例えばこういう場面

ジャンプ避けしつつ通常攻撃を常時使って移動しつつ、着地と同時にスキルを発動。

この時のスキルの発動が、登録した20個のうちどれでも大丈夫ということだ。

キーボードの場合、ZXCあたりから離れた位置にあるショートカットキーだと辛い場合があると思う。

 

キーボードでは慣れでいけると思うが、パッドでは慣れて無くても誰でもできる。マウス操作では相当な無理があるだろう。

やたら縦横無尽に動き回りながらジャンプ攻撃をしてる人はパッドの人が多いかもしれない。

 

ただ、ノンアクティブシュートカットキーは切り替え式になっており必ずキャラを停止した状態でしか仕様できないため、アクティブショートカットが20個以上増やすことができないというこに注意が必要だが、慣れれば40個をアクティブショートカットキーとして使いこなせるかもしれない(ただしワンテンポ遅れる)

帰還石とか時間が長いバフとかはノンアクティブシュートカットキーの方に移動しよう。

 

また、パッド派の人たちの中でひときわ目立つと感じたのが、「アチャはパッド」という意見だ。

これは主に武器の切り替えのやりやすいさだと思う。

高レベル帯のアチャの人は知っていると思うが、敵によって両手弓と片手弓を切り替えて戦うということが必要であり、パッドの場合は左スティクの押し込みで可能になっている。

 

ターゲッティングがマウスよりも難しい言っている人たちが結構目立つが、そんな事をいうとコンシューマー機でのFPSプレイヤーが全員苦行みたいな感じに聞こえるので、慣れの問題である。

 

パッドのメリット

  • 圧倒的に楽 収監所6時間プレイでもかかってこいやって感じ
  • 移動+ジャンプ+攻撃+スキルみたいな動作に何の無理もない
  • 楽な姿勢でプレイできる(ソファ+テレビとかでも可能)
  • 武器の切り替えやターゲットのロックが楽

パッドのデメリット

  • 物理的に20個以上増やすことができないアクティブショートカット
  • チャットする時にいちいちパッドを横に置く必要がある(ボイスチャットしようぜ)
  • なぜかアナログに移動できない(改善してほしい)
  • UIはキーボードマウスで操作する必要があり、最初から最後までパッドオンリーということにはできない

 

まとめ

ごちゃごちゃ記事を書いたが言いたいことを3行でまとめると、

  1. キーボードで慣れてるのならそれでいい思うけど、一回パッドも試してみて欲しい
  2. キーボードが嫌でマウスにしたという人は、直ぐにでもパッドを試してみて欲しい
  3. 正直なところマウスはPvPマスケとかじゃない限り苦行でしかないからパッドを試してみて欲しい

パッドを試してみて欲しい

以上。

 

余談だけどPC用のコントローラーは1000円とかの変なやつ買うより箱コンにしといたほうが無難。

川田 知愼

札幌でWebプログラマーをやっています。 2013年まで色々な会社を転々としていましたが、その後は3人でIT会社をやってます。基本的に多趣味な人間なので、ブログネタはごちゃごちゃしてます。ネット上では「ふぐ」という名前を名乗ってることが多いため、奥さんからも「ふぐ」と呼ばれています。