タイムズカープラスを2年以上使ってみた感想(NOCあり)

やぁみんな、元気かい?
オレは超絶紳士の人とすれ違って、自分の人生を見つめなおしているところさ!

ところでカーシェアリングの話とか興味ないか?

カーシェアリングとの出会い

超簡単に説明すると、15分200円で好きな時間に使える車のレンタルサービスがあるんだ。これにはガソリン代と保険代、その他いろいろな車の維持費が全て含まれている。

オレがこのサービスを使い始めたのは2012年の5月あたりのようなんだが、かれこれ2年以上使っている。この期間で車を利用中にオペレーター(なんかあったら電話するところ)に電話をしたのは、恐らく3回くらいだ。うち1回にNOCがある。NOCについては後で説明する。

一般的に言われるメリットと実際のメリット

カーシェアリングについてよく言われるのは、車を買うよりも安上がりということだ。うちの場合、家族二人で契約(基本料金が1000円で済む)して使っているんだが、過去利用料金はこんな感じだ。

  • 7月 1,648円
  • 6月 2,266円
  • 5月 4,326円
  • 4月 7,416円
  • 3月 4,200円
  • 2月 2,200円

うん、安いと思う。体感的には月7,000円も行っていれば、「今月は結構車借りたなー」って感じだ。そこら辺の月極駐車場以下だな。

うちの主な利用シーンは、ラーメン屋や郊外のびっくりドンキーに行くことと、友達の送迎、ニトリやホームセンターに行くことで9割を占めている。遠距離の移動に使うのは極稀だ。

新車の車を買って駐車場代を別に払うような状況であれば、だいたい年平均で50万円くらいの支出になるらしいので、オレの支出額を平均して考えると、およそ11倍くらいの金が必要という計算になる。

恐らくかなりの頻度で使うような人でない限り、自分で車を買った時の維持費を超えることは無いと思う。

メリットについては金だけじゃないんだ。一番はメンテナンスやら何やらの面倒くさいことが一切ない。オレみたいな短時間利用の人の場合、ガソリンも自分で入れることは滅多にないと思う。

実を言うと、今住んでいるところは近所にタイムズカープラスがあることを前提に引っ越したんだ。それくらい無くてはならないインフラの一部になっている。特にこれは地方だとどこも同じ状況だと思うんだけど、ホームセンターやらニトリやらが駅周辺になくて、明らかに車ありきの場所に作られているのが多いため、車が無いとカラーボックスすら買いにいけないんだ。

この記事を書いている数時間前も、冬用の布団をニトリで買ってきたところさ!(猫にオシッコかけられて捨てた)

カーシェアリングが成り立つうまい仕組み

恐らくこのサービスは日本でしか成り立たないと思う。使う人の道徳心で支えられているようなサービスだ。
(何かのレンタルサービスの話と混同してて違った情報でした。カーシェアリングは海外の方が発達してるそうです)

まず、使う前に予約しないといけないのだが、予約は早い者勝ちのため、下記のような状態が発生する事がある。

「次の日曜日、使うか使わないか分からないから1日予約しとく。使わなかったらドタキャンしよう!」

これは実際のところ、システム的には出来るようになっている。が、これを繰り返すと退会させられるという事になっているらしい。

また、タバコを吸ったりペットを乗せたりするもの退会処分になるらしく、これについては通報システムのようなものがあり、搭乗時に臭いですか?のような質問がナビにでていた。

臭い場合は前に使っていた人に警告が行くのだろうか?

最近だと、急ブレーキ急発進を運転中に一度もしなかった場合、エコポイントのような物がつくようになった。このポイントの力が結構凄いので、必死に安全運転を心がけている。

そんな感じで、新車から3万キロくらい走ってる車でも、何の問題もなく快適に使える。

カーシェアリングのデメリットとNOC話

さて、カーシェアリングもいい話ばかりではない。

色々なデメリットがあると思うが、一番大きいデメリットは使いたいタイミングで使えない事があるということだ。これについては正直なところ本気で困ったことが数回あったが、既に過去の話になっている。

うちの近所(歩きの範囲)には4台の車が置いてあり、4台体制になってから借りれなかったことは一度もないし、仮に借りれなかったとしてチャリの範囲に何十台(札幌市中央区)もあるので、本気で車を借りることが出来ないとう状況はほぼ発生しなくなった。

次に大きいのは忘れ物に関するトラブルだろうか。FeliCaで認証を行うのだが、当然のごとく返却時には車の鍵がしまる。その時に車内に忘れ物をすると、オペレーターに電話をして一時的に開けてもらわないいけないのだが、忘れ物が携帯電話だと悲惨な事になるだろう。オレも1回ある。

この対応が多いせいか、車を返却モード(?)にすると

「忘れ物はございませんか?忘れ物はございませんか?忘れ物はございませんか?忘れ物はございませんか?忘れ物はございませんか?忘れ物はございませんか?忘れ物はございませんか?忘れ物はございませんか?忘れ物はございませんか?忘れ物はございませんか?忘れ物はございませんか?忘れ物はございませんか?忘れ物はございませんか?忘れ物はございませんか?忘れ物はございませんか?」

と、ナビが永遠と語りかけてくる。

次に困るのは複雑な駐車場で元の位置に戻せない状況だ。

ちょっと説明が難しんだけど、簡単に言うと2F 3F 4F 5F みたいな立体駐車場の4Fで車を借りたとして、帰ってくる時に4Fが満車で4Fに侵入すら出来ないという構造の駐車場があったとする。恐らく一般的には一度一番上まで行けば、下の階に侵入できる経路があるかもしれないんだけど、それでも侵入できないところがあってどうすればいいのか全く分からなかったことがあった。

構造が良くわからないんだけど、複数の立体駐車場が空中で繋がっているような構造らしく、指定された場所に返すのが無理な場合があるんじゃないかと思った。ちなみにその時に警備員さんに聞いたところ、そこに侵入するのは無理だと言われたので恐らく設計ミスなんだと思う… ちなみに札幌ファクトリーだ。

この時は仕方ないので、別の場所にとめて、その旨オペレーターに連絡して終わった。

最後にNOCの話なんだけど、NOCっていうのはノンオペレーションチャージの略で、車が使えない時間が発生するような損害を出してしまった場合、その保証としてお金を払うことになっている。タイムズカープラスでは恐らく何があっても一律2万円だろう。

何をしたかというと、奥さんが車を看板にぶつけてしまったのだ。ただ、これには理由がある。

青空駐車場に配置してある場合、もちろん雪国なので雪が積もる。車には雪をどけるガラス拭きのような謎の棒が入っているため、車の雪をどけることはできる。しかし、車の下に積もった雪はどうしようもなく、2回の冬を経験したけど、勢いをつけてバックしないと進めないレベルで車の下の雪が酷い事になってるんだ。それで事故ってNOCになったんだ。

あれはちょっとタイムズの人なんとかして欲しいね。

車好きでも車を買わない

最後に蛇足だけど、こんな安上がりで便利なサービスがあったら、車をただの足としか見ていない人は、恐らく車を買うことはないと思う。若者のなんとか離れってやつだな。こんな記事を書いていて、お前は車好きじゃないんだろ?って思われるかもしれないが、オレは結構車好きだ。5万もするハンコン買ってるし、カーレース系のゲームも良くやる。アヴェンタドールのようなスポーツカーも好きだし、ランエボみたいなラリーカーも好きだ。話それるけどずっとバイクに乗ったから機械いじりったり電装したりするのも好きだ。

ただね、仮にアヴェンタドール買っても日本だと2速しか使わないと思うし、ランエボ買ったからって鈴鹿サーキットで走らせるかって言われたらそれは難しいだろう。恐らく現実的に買ったとしてFITやミライースとかになると思う。そう考えるとカーシェアリングで全く問題ないんだ。

貧乏な思考で閉めてしまったが、カーシェアリング万歳!

以上。

川田 知愼

札幌でWebプログラマーをやっています。 2013年まで色々な会社を転々としていましたが、その後は3人でIT会社をやってます。基本的に多趣味な人間なので、ブログネタはごちゃごちゃしてます。ネット上では「ふぐ」という名前を名乗ってることが多いため、奥さんからも「ふぐ」と呼ばれています。