将棋のプロを目指していた人に初心者が余裕で勝つ方法

やぁみんな、元気かい?
オレ”たち”は超テンションあがってるよ!!

今日は完全な身内ネタなんだが、タイトルに釣られた方は是非とも最後まで見て欲しい。

先にネタばらしだが、初心者が将棋で勝てたのにはトリックがある。
そう、これは将棋が強いと言い張る人に対するドッキリなのだ。

ちなみに本人にはまだネタばらしをしていないので、この記事の閲覧にてネタバレとなる。
そのため、本人が激怒したらどうしようかと震えながら執筆している。

記事を公開する前に一言謝っておこうと思う。

また、この記事内に社内っぽい気配を感じるかもしれないが、全て定時後にやっていることだけは覚えておいて欲しい。

嘘の登場人物紹介

今回の記事では、4人の人物が出てくる。
記事をわかりやすくするため、先に登場人物の紹介をしておこう。

本人たちに許可はとっていないが、Twitterのアイコンを使用して簡単に紹介させてもらう。

将棋が超強い人
将棋が超強い人
菅原
菅原
川田
川田
佐藤
佐藤

結論から言うとオレたちは将棋で勝ったのだが、順をおって話を聞いて欲しい。

ことの始まり

オレたちの会社には将棋が超強い人がいる。

将棋が超強い人← 彼だ。

彼はそこいらの将棋好きのお兄さんではない。プロの棋士を目指したことがある人で、その実力も確かだ。

社内の色々な人が彼に勝負を挑んだが、誰も彼に勝つことは出来ない。

彼がどれくらい強いかというと、初心者に対して「六枚落ち」という状況でも勝てるというのだ。

その実力は社内の誰もが認めるほどで、もう彼に勝負を挑もうという人が居なくなるほどであった。

 

オレたちは思った。

 

菅原川田佐藤

「なんとかして彼に勝ちたい!」

 

 

菅原川田佐藤

「彼の悔しがる顔が見たい!」

 

 

菅原川田佐藤

どんな手を使ってでも…

 

オレたちは彼に勝つためのプロジェクトを作った。

名前は「Project SAI

ヒカルの碁を知っている人はわかるかもしれないが、”神の声が聞こえる”あれだ

Bonanzaとの出会い

オレたちはどうやれば彼に勝てるのかを考えた。
考え始めた時、普通にやって勝てないことは分かりきっていたので、最初から何かしらの”イカサマ”を行って勝とうと考えた。

直ぐに思いついたのが、コンピューター将棋を使うことだ。どのようにそれを使うかは直ぐに固まらなかったが、とにかくコンピューター将棋を前提に話をすすめることにした。

事前のヒヤリングにより、彼はそこらへんのコンピューター将棋相手だと、最高レベルにしても勝てるという事を言っていたので、まずはコンピューター将棋について調べることにした。

調べ始めて直ぐに出てきたのがBonanzaだ。

色々と調べていると、どうやら世界最高峰のコンピューター将棋プログラムらしい。

菅原川田佐藤

「これで勝てる!」

システム考案

コンピューター将棋を使うと言っても、隣でPCを使えばバレてしまうので、どうやればバレないのかを考えた結果、こういう感じになった。

プレゼンテーション1

  1. Bonanzaの演算結果をLINEの通話で指示する
  2. 将棋アプリで見たままの駒を動かす
  3. 将棋アプリの状況はミラーリングで見える
  4. Bonanzaに入力
  5. 1に戻る

簡単に言うとこれだけなのだが、オレたちがこのシステムを確立させるために、どれだけの苦労をしたのかを聞いて欲しい。

将棋の動きを音声で伝える難しさ

みんなは将棋の動きを音声で伝えることが出来るだろうか?
将棋の動きは「棋譜」という物で表すのだが、素人のオレたちにとって最初の難関であった。

動きを数字と駒の名前で伝えるのだが、厄介な事に先手と後手で棋譜の見方が逆になるので、なかなか覚えることが出来なかった。

これについては完全に理解するのはミスを犯すリスクがあるため、こちらが先手であることを前提に勉強を行った。

なんでそんな先手と決め打ちで行けるのかというと、彼なら必ず「お先にどうぞ」というと思ったからだ。

また、棋譜だけだと伝わりにくい動きがあるため、そこは丁寧に何がどうなったと音声で伝えることにした。

LINEがバレる可能性

ここまで来て、みんなはLINE通話をどうやったのかと、疑問に思っているに違いないが、答えはこうだ。

2013-09-18 21.07.23

2013-09-18 21.08.24

分かっていただけただろうか?

菅原は髪の毛が長いため、こうやればバレないのだ。

このProjectのために、髪の毛をずっと切らなかった菅原を賞賛していただきたい。

また、イヤホンからの音漏れを、所持しているありとあらゆるイヤホンで計測し、一番音漏れが少ないカナル型の物を採用した。

その他のイレギュラー

棋譜や音漏れに関しては十分なテストを繰り返したので、万全の体制であったが、それでも何かしらの問題が起こった時に菅原が発する合図を決めた。

「分からないなぁ」 → LINE通話で問題が発生
「川ちゃん難しいね」 → オペレーションミス

その他、ミラーリングの切断や、想定外の事態が起こった場合は、佐藤が何か仕事っぽい事を言って、川田を呼び出す事にした。

「川田さんサーバーの事でお聞きしたいことがあるんですが…」 こんな感じだ。

真の登場人物紹介

さて、ここまでの流れでもう一度人物紹介をしておこう。

将棋が超強い人
ドッキリのターゲット
菅原
Bonanza菅原
川田
オペレーター1
佐藤
オペレーター2

ProjectSAI 決行1日目

このProjectを決行する日は金曜日と決めていた。なぜなら、このブログを書くための時間を休日に取りたかったのと、彼に悔しがる時間を与えたかったからだ。

オペレーションルームで入念な打ち合わせを行い、オレたちは勝負に出た。

最初の関門である、彼に「お先にどうぞ」を言わせる事だが、予想通りあっさり言ってくれた。

2013-09-18 21.07.54

2013-09-18 21.07.39

ときおり彼将棋が超強い人を煽るため、菅原が放つセリフなども事前に決めていたため、計画通り会話に挟んだ。

最近将棋ハマってるんですよ」とか、色々と会話に挟んだ。

事は順調に運んでいたが、1つだけイレギュラーがあった。

将棋が超強い人の近くに、知り合いの女性がいたのだ。

2013-09-18 21.52.58

彼女に協力を要請するか、演技で乗り切るか迷ったが、演技で乗り切ることにした。

このProjectがバレる可能性としては、川田のオペレーションが見られてしまうことだけだ。

事はうまく進み、Bonanza菅原のペースで勝負が進んでいたが、ここで予想外の事態が起こった。

なんと将棋が超強い人が用事があってさっさと帰るというのだ…

この話の流れとは関係が無いのだが、佐藤が近々東京に転勤する事になっていて、もうこのProjectを決行する日がなかったのだ。

ProjectSAI 決行2日目

オレたちはできる限り不自然な状況にならないように、タイミングを見計らって2日目を決定した。

一番の問題は、川田がまた同じ感じで真横に居ることだ。

これでバレるのでは無いかと心配していたが、普段からアホの子のような動きをしているので、あまり気にされなかったようだ。

そんなこんなで2日目も順調に勝負が進んでいった。

2013-09-25 20.43.54

2013-09-25 20.37.03

とにかくばれないように、ときおり将棋が全く分からないアホ子を演じ、Bonanza菅原もその動きにあわせて乗り切った。

結果

さすがの元プロを目指していた棋士も、Bonanza菅原に勝つことはできなかったようだ。

終わった時の状況がこれ、89手で勝負がついた。

2013-09-26 09.13.02 2013-09-26 09.13.19

万が一にもBonanza菅原が負ける可能性も考えたが、その時は将棋が超強い人神として祭り上げようと思っていたが、さすがにそれはなかった。

終わったと同時に、オペレータールームから様子を見に来た彼佐藤

今まで将棋の勝負が行われていたのを知らないふりをし、将棋が超強い人の様子を確認する。

2013-09-25 20.47.01 HDR

 

 

 

!!!みんな笑いを堪えるのが大変だった!!!

 

 

 

本当はこの時、子供のように悔しがる将棋が超強い人を予想していたのだが、残念ながらあっさり負けを認めて、Bonanza菅原の強さを賞賛していた。

ここだけが完全に誤算であった…

彼がアホみたいにTwitterに将棋の事を呟きまくると思っていたので、Twitterで彼を煽り、彼の反応を拾って記事にもりこもうと思ったのだが、本気で悔しかったのか一切反応を得ることができなかった。

 

 

まぁでも、約4ヶ月くらいかけて行ったProjectだったので、

 

菅原川田佐藤

「やったぜ大成功!!!!」

 

 

以上

 

2013/09/26 追記

みんな、沢山の反響ありがとう!
本当は昔のテレビ番組のように、ドッキリでした!みたいなのをやろうと思っていたんだが、彼があまりにも大人の対応だったため、あまりオチとして面白くなかったんだ。

代わりに彼の大人なコメントを掲載しておくよ。

川田 知愼

札幌でWebプログラマーをやっています。 2013年まで色々な会社を転々としていましたが、その後は3人でIT会社をやってます。基本的に多趣味な人間なので、ブログネタはごちゃごちゃしてます。ネット上では「ふぐ」という名前を名乗ってることが多いため、奥さんからも「ふぐ」と呼ばれています。