30歳プログラマーだけどファスティングをやってみたらお肌がもちもちになって体調がよくなった話

やぁみんな、元気かい?

ところでファスティング(断食)について興味ないか?

先に言っておくが、この記事を見て真似しようと思う人がいた場合、オレと同じく自分なりにちゃんと調べてからやるか、専門の知識を持った人に相談してからやってくれ。

大人は何でも自己責任だぞ。

あと、子どもと高齢者と妊婦さんはやらなくていいからな。

ファスティングとは何か?

-shared-img-thumb-PAK88_syokutakukaraage20150203190242_TP_V

ファスティングっていうのは簡単に言うと断食の事だ。

この単語だけを見ると何かの宗教でも入ったのか?と思われそうだが、そうじゃないんだ。

ファスティングっていうのは一種の健康法みたいなやつだ。日本だと断食=ダイエットみたいな感じに連想しそうだが、海外の場合は医療行為として存在する国があるらしい。

ファスティングを行った場合、どういう効果があるのかを調べてみたところ、下記のような事を書いている記事や文献をよく見かけた。

  • 日ごろの疲れをとる
  • デトックス(体内に溜まった毒物を排出させる)
  • ダイエット
  • 免疫力を高めてアンチエイジングになる
  • 脳の能力を高める
  • 精神を鍛えられる

いやいや、なんで食わないだけでそんな事が起こるんだ?って思って疑っていたのだが、自分なりに調べていると以下のように解釈できた。

  • 日ごろの疲れがとれるのは内臓の働きを最低限にできるため(消化というのは体への負担が大きい)
  • 脂肪が燃焼する際に、有害な物質が排出されるらしい
  • 食わないので体重は落ちる(ただしこれについてはやり方がある)
  • 人間の体は軽度の飢餓状態になると、生きようと必死で体内の細胞が活発になるらしい
  • 内臓の負担が減ると、脳への血流が多くなるそうだ
  • 修行僧じゃないけど、数日間何も食わないっていうのは結構な精神力が必要だ

よく、体調が悪い時に「食って治せ」みたいなことを言うけど、あれは栄養が足りていない時代の話だそうだ。

例えば風邪の時に肉を大量に食ったりはしない。普通はおかゆを食べるだろ?

つまり食べる量を減らす(内臓の負担を減らす)ということ自体が、体への負担を減らして健康になるという考え方のようだ。

 

ところでなぜ急にこんな事に興味を持ち始めたのかと言うと、普段から自分の健康状態が気になっていたんだよね。恐らくファスティングをやるべき人間としてはかなり適合している。自炊率は低くてコンビニ弁当率が高い、3日に1回くらいはカップ麺を食べる生活を10年以上している。野菜もほぼ食べないしね。

一番困っている症状としては頻発する腹痛だ。体の状態を考えて、タイミングを合わせなければ家から地下鉄3駅のヨドバシカメラにも行きたくないような体の持ち主だ。サラリーマン時代の通勤は地獄だったよ。

普段こういう流行り的なネタには興味を示さない人間なのだけど、断食っていう行為自体に興味があったのかもしれないね。金かからないしね。

あと、プログラマーっていう仕事の性質上、食生活は酷い部類だと思うんだよね…

断食は安全なのか?

-shared-img-thumb-PAK51_midorinoekitaidoku_TP_V

ファスティング自体がどういうものなのかは大体分かったのだが、断食という行為を想像すると、それって大丈夫なんだろうか?という疑問が湧いた。

朝飯を食べない、仕事が忙しくて昼飯が食べられない。ということは日常生活の中で普通にあることだと思うのだが、夕食を食べないということはほぼ無い。

みんなも想像してみてくれ、人生の中で夕食を食べなかった日がどれほどあるか? 恐らくバリウム検査の前日くらいだろう。

日本の食文化では朝昼夕と3食きちんと食べることが健康とされており、断食はその思想に反してしまうため嫌悪感を抱いてしまう。

 

そこで、そもそも人間は何日間食べなくても良いのか?ということを調べてみたのだが、調べてみて驚いた。

なんと100日間(3ヶ月半)生きてられるそうだ。

つまり、数日間の断食程度では人間の体はなんともならないということだな。

ファスティングの思想的には、1週間くらいの断食はむしろ健康になるということらしい。

 

ファスティングの最中には様々な症状がでるのだが、中でも頭痛に関しては辛いもののひとつらしい。

体内からブドウ糖が無くなるまで空腹になると、ブドウ糖の代わりに脂肪を変換して脳のエネルギーにするらしい、この辺りの話に興味がある人は、ケトン体というキーワードで検索してみるといい。

頭痛に限らず、自分の体がこれ以上耐えられないと思った場合は、その場で中断しよう。

ファスティングの具体的なやり方とオレプラン

-shared-img-thumb-PAK51_mizuiresippai_TP_V

さて具体的なファスティングの方法なのだが、基本的には1日~7日間、固形物を一切取らずに水だけで生活すればいいようだ。

ただし、実際に水だけ(カロリーがゼロ)でそれを行うと、本当に修行のような状態になってしまうため、人それぞれ色々なやり方があるようだ。

調べていて一番多かったのが、ファスティングドリンクや酵素ドリンクという物を使用する方法なのだが、高額なためオレは興味がわかなかった。興味がある人は買ってみるといいと思うよ。

 

ただ、確かに水だけを飲んで数日間断食するというのは、初心者のオレには出来ないんじゃないだろうか?と不安になったため、代替案を考えることにした。

ようは、内臓に悪影響がないような飲み物で代用すればいいという話で、調べているうち野菜ジュースで代用すればいいんじゃ?という結論にいたった。

ファスティング中にはカフェインと砂糖の摂取をしないほうが良いという話も見かけたので、それさえ回避すれば良さそうな気がした。

 

また、ファスティングにはその期間中食べない事よりも、その後の復食期間期間というものが大事になってくるらしい。例えば3日間食わなかったからといって、翌日にあほみたいに食ったら意味が無いということだな。

 

というわけで、こんな感じのプランにしてみた。

  • 前日 夕食に重たいものを食べない
  • 1日目 野菜ジュースと水
  • 2日目 野菜ジュースと水
  • 3日目 野菜ジュースと水
  • 4日目 3食おかゆと水
  • 5日目 消化に良さそうな物を食べる

1日目

とりあえず買ってきた。

2016-01-14 13.17.12

2016-01-14 13.18.11

なんか多くないか?と思われるだろうが、この話に奥さんが興味を持ったため、二人でやってみることにした。

 

1日目に関してはそこまで苦行でも何でもないため、特にいうことはない…

と思っていたのだが、奥さんのほうが夜中に頭痛がひどくなり、空腹状態で頭痛薬を飲むという最悪な状況になったため、奥さんの方は終了することになった。

上の方にも書いたのだが、ファスティング中の頭痛は人間の体が正常に機能している状態なので、特に気にしなくても良いのだが、耐えられないレベルで酷いのであればやめておくべきだ。

というわけで、奥さんが普通にご飯を食べている中、あと2日耐えなければならない状況になってしまった。

2日目

2016-01-15 15.13.09

さすがに同じものばかり飲むのは辛いな。

ただ、想像していたよりも空腹に関しては辛くない。体調に関しても軽い頭痛はあるものの、その他は健康的な状態といえる。

 

この話をTwitterやFacebookでしていると、野菜ジュースを差し入れましょうか?と言われたのだが、正直なところ完全に飽きている。

この商品は何も悪くないんだ… こんな短期間で同じ商品を飲みまくっているオレが悪いんだ… なんとなく、陳列されている野菜ジュースの中で、これが良さそうな気がしたんだ… 後悔はしていない。

3日目

2016-01-16 11.15.18

朝起きるといつもと体の感じが違うことに気がついた。なんか手汗の粘度が高い気がする。

ティッシュペーパーに手のひらを当てたら持ち上がりそうな感じがする。

この状態が良いのか悪いのかは判断できないのだが、その他はいたって正常だ。

しいて言うなら、寝起き時に「あと24時間か」という精神的なダメージが大きかったのと、いつもよりも早い時間に目が覚めたことくらいだ。

 

実は最終日の翌日を日曜日にしたいという思惑があり、3日目の今日は土曜日なんだ。

2日目の金曜日はいつもと違う状態のなか仕事をしなければならないのが苦痛だったが、3日目はゲームをしたりアニメをみたりして過ごすことで、さくっと終わらせた。

 

そして3日目の夜、風呂あがりに明らかにいつもと体の調子が違うことを認識した。

自分の体から匂い(体臭)が全くしない。

いや、まだ30歳だからそんな加齢臭っていうほどのものじゃないかもしれないのだが、頭を拭いたタオルとか多少匂いするよね? あれが皆無だった。

この時点ではそれがファスティングによるものなのか、空腹で鼻がおかしくなっているのかは分からなかった。

こういう現象が発生するということを事前の調査で理解していなかったので余計に驚いた。

デトックスというのはこういうことなのだろうか?

翌日・もちもち・体重

除雪車がうるさくて朝の4時に目が覚めた…

普通の時間に最初のおかゆを食べる予定だったのだが、「起きたらご飯を食べるんだ!」と意気込んでいた手前、もう一度まともな時間まで寝てから食べるという選択は、精神的に耐えれそうに無かった…

 

そして4時に炊飯…

2016-01-17 05.09.16

お粥うめぇ!!!!

なんか高級なレストランの前菜か何かかと思ったレベルでうまかった…

うますぎて冷めないうちに食べてしまい、口の中が火傷してしまったのは秘密だ。

 

2日目の夜に感じたことを確認するため、起きてきた奥さんに「ちょっと頭皮の匂いを嗅いでみて?」と言ってみる。

無臭

やっぱり気のせいじゃなかった。明らかに体の匂いが全身から消えている。

この記事を書いている段階で調べなおしたのだが、体臭というのは食べ物が大きく影響しているようだった。

つまり食ってないので体から匂いが無くなるのだ。ただ、これに関しては恐らく一時的だろう。今後もずっとお粥を食べ続けるわけじゃないしね。

 

さらに奥さんに言われた。

「肌の感じがいつもと違う」

え?

自分でよく確認してみる。

 

もちもちしてる!

 

みんな想像してくれ。

30歳のおっさんが自分の頬のもちもち具合を楽しんでいる姿を!

頬を触る癖がつきそうなくらい触っている。記事を書きながらも触っている。

まぁオレの知り合いの人はわかると思うが、オレは美容とかファッションとか全く興味がない。そんなオレが肌の調子なんて毎日確認するわけはないのだが、それでも明らかに違が分かる。というか奥さんが目視で違いが分かったのだから、自分で触ればさすがに分かる。

これについても事前に調べていない効果だったのでかなりびっくりした。ファスティングというより、いわゆる腸内環境正常化→美肌みたいなことなんだろうな。オレの腸内はどれだけ荒れていたのか。

 

そして腹痛なんだが、食っていないので腹痛は全くおきない。これから数週間どんなふうに変化するのかを継続的に観察する必要がありそうだ。

 

というわけで、おかゆの1日を過ごしていたわけなのだが、明らかに体調がいい。

全体的に一言でいうと、体のダルさみたいなものが無いって感じだ。

余談だが、この日の夜に買い物に行った時、惣菜コーナーの揚げ物コーナーの匂いで吐きそうになった。かなり食が細くなっているようだ。

 

ちなみに体重なのだが、今回はダイエット目的ではなかったため効果に期待を寄せたりはしていなかったのだが、さすがに約80時間も何も食べないと体重が2.6キロも減った。

 

左:直近 右:半年
左:直近 右:半年

ダイエット目的ではないというのは右のグラフを見てもらえばわかると思うが、体重は減少傾向だったのだ。

感想

2016-01-18 13.36.23

正直なところファスティングに関する情報を発信しているサイトがうさんくさい酵素ドリンクのバナーばかり貼っていたため、あまり良い印象で開始することができなかったし、やはり断食という非日常的な行いはかなりの抵抗があった。

体調的には3日間を通してひどい状況にはならなかったのだが、精神的な状況は3日目の朝がほんとうに辛かった。

実はこの記事は断食3日目くらいから書いていたのだが、その時は「二度とやらない」っていう感じの結論で終わろうと思っていたんだ。というかそんな感じでちょっと書いていたのを消した。

今の気持ちを素直にいうと、1年に1回くらいやりたいと本気で思っている。お肌もちもちだしね! 具体的には年末の暴飲暴食が終わった1月1日~3日が良いんじゃないかなぁと思っている。

 

体感してみて分かったのだが、おそらくこういう人がやるといい効果が出ると思う。

  • 太り気味の人
  • SNSにラーメンやジャンクフードの写真ばっかりあげている人
  • 常に大盛りを頼む人
  • 座り仕事の人
  • 食生活に気をつけていない人
  • 基礎代謝が低いと感じている人

まぁなんだ、ラーメン好きで普段から疲れているデブのおっさんとかは効果体感できると思うぞ!!!

 

逆にこういう人はやらないほうが良いと思う。

  • 代謝で燃やす脂肪がない人(逆に内蔵痛める気がする)
  • 空腹時に体調が悪くなる人
  • 仕事が重労働な人(辛いと思う)
  • 子供と高齢者と妊婦さん(必要がない)
  • ベジタリアンみたいな人
  • 食が細い人(さらに細くなってしまう)
  • 健康体の人

とくに細い女性が更に細くなろうとしてファスティングを行うのは非常によくないと体で感じる。絶対にやらないほうが良い。

 

あとはそうだな、精神面は鍛えられると思う。今回は最初に計画した通りに遂行できたのだが、特に体調が悪くならなかったとしても途中で辞めてしまう人はいると思う。感覚的にはマラソンに近いかもしれない。80時間断食をしたことがあるというのは、恐らく今後の人生でずっと記憶に残る出来事だろうし、これを乗りきれるのなら何でも出来るんじゃないか?という自信がつく人もいるとは思う。

 

現時点(断食から二日後)で思うことはこんなところなのだが、もしも数カ月後に思うことがあれば加筆してみようと思うよ。(体重のリバウンドとかあったら報告します)

万人にオススメできる健康法ではないが、自分で調べて出来そうであればやってみる価値はかなりあると思う!

 

以上。

川田 知愼

札幌でWebプログラマーをやっています。 2013年まで色々な会社を転々としていましたが、その後は3人でIT会社をやってます。基本的に多趣味な人間なので、ブログネタはごちゃごちゃしてます。ネット上では「ふぐ」という名前を名乗ってることが多いため、奥さんからも「ふぐ」と呼ばれています。