洗濯における液体洗剤と粉末洗剤

やぁみんな、元気かい?
オレは新しい洗濯機が来たので取扱説明書を眺めていたところさ!この件はそのうち別で記事を書くよ!

ところで洗濯するときに使ってる洗剤って、粉末と液体どっち使ってる?

液体洗剤の地位

ここ10年くらいかな、液体洗剤って普及したよね。さっきマックスバリューに行ったところ、9割以上が液体洗剤だった。というか粉末洗剤がビーズとアタックしかなかった。

うちもNANOXとHYGIAをよく使ってたんだけど、これについてあまり真剣に考えたことが無かった。

まぁよくCMやってるし、真冬の水温でも溶け残ったりしないだろうし、パッケージも素敵だし、そんな程度の理由で液体洗剤を使っていた。で、実際のところ何がどう違うのかを調べてみた。

あちこちの商品レビューや知恵袋、商品の仕様から価格.comのランクまで、かなり色々なところの意見を自分なりに集約した記事になるので、正確な情報ではないかもしれない。

中性とアルカリ性

手元に液体洗剤があるなら、成分表示を見て欲しい。恐らく中性と書いてあり、酸性でもアルカリ性でもないと思う。それに対して粉末洗剤の場合は、ほとんどのものが弱アルカリ性と記載されているはずだ。

人間の皮膚は弱酸性で汗も弱酸性らしいので、皮脂汚れを中和するためには弱アルカリ性が必要になる。あと、その他一般的な汚れと分類されるものは弱酸性の物が多いらしい。

で、なんで液体洗剤が中性ばかりなのかという疑問が発生したのだが、調べたところアルカリ性の物を液状にして保つことが難しいらしい。

化学の知識が豊富な人なら理解出来るかもしれないが、ちょっと理解できなかったので詳しくは各自で調べてくれ。とりあえず弱アルカリ性の液体洗剤を市販するのコストが高い?ような感じに見受けられた。もちろん無いことはない。

粉末洗剤のメリット・デメリット

粉末洗剤のメリットは上で書いたとおり弱アルカリ性という事だ。要するに洗浄能力が高い。

デメリットは溶けきらないという事だ。真冬に洗濯したら洗剤が固まっていたという経験はオレも何度かある。

液体洗剤のメリット・デメリット

液体洗剤最大のメリットは溶け残りが発生しないという事と、弱アルカリ性で洗濯したくないような物(謎)を洗うときに良いということだ。

デメリットは洗浄能力が低いという事だな。まぁ普段の生活でそこまで洗浄能力を気にすることは無いんだけどさ。

結論

普段は液体洗剤が良さそう。汚れが気になるような物を洗う時は粉末洗剤が良さそう。

ということで、2つを常備しておくのが正解っぽい。

2014-10-05 12.10.01

余談

ところでなんでこんな記事を急に書いたかというと、買った洗濯機に泡を大量に発生させるらしい機能がついていてそれを試していたんだけど、HYGIAが一切泡をたてないため、初期不良なのかなぁと思って色々調べていたらこうなった。

特にすすぎ1回って書いてる洗剤は、そもそも泡がたたないようになっているらしい。アタックで試したら良い感じに泡だらけになった。

川田 知愼

札幌でWebプログラマーをやっています。 2013年まで色々な会社を転々としていましたが、その後は3人でIT会社をやってます。基本的に多趣味な人間なので、ブログネタはごちゃごちゃしてます。ネット上では「ふぐ」という名前を名乗ってることが多いため、奥さんからも「ふぐ」と呼ばれています。