ここ数年で面白かったゲームを5つだけあげてみた

やぁみんな、元気かい?
オレは引きこもり生活が充実しすぎててネタ切れがそろそろ限界に達してるところさ!

ところでオレがゲーマーだという事はみんな知ってると思うが、今日はゲームネタでも書いてみようと思うよ。

ここ数年、個人的に面白かったゲームを紹介してみようと思うので、ゲームやりたいけど何をやれば良いのか迷っているような人が居たら参考にして欲しい。マニアックな洋ゲーは紹介しないぞ!

Xenoblade ゼノブレイド

最初に紹介するのはゼノブレイドだ。

いわゆる和製RPGなんだが、これぞまさしく和製RPGという感じの王道RPGだ。
とにかく世界観とストーリーが良い。1時間プレイしたらゲームの中にどっぷり使っていること間違いないし、Wiiを持っていてRPG好きでゼノブレイドやっていない人が居たら直ぐにやった方がいい。


ストーリーは、とあるコロニー(小さな集落のような)で平和に過ごしている所から始まり、敵が攻めてきて幼なじみの女の子が目の前で殺されて復讐の旅に出るって感じなんだけど、アニメ化されたら進撃の巨人を軽く超えると思えるような出来だ。

公式サイトに飛ぶといきなり悲しい音楽が流れてくるんだけど、まさにそういう感じのゲームだ。

ただ、Wiiのグラフィックというのが少し残念な点だったけど、開発元のモノリスソフトが新作をWiiUで出すようなので、出たらWiiUを即買いしようと思っているところさ。

ちょっと声優ネタになるのだが、メインキャラの中に堀川りょう(ベジータの声の人)がいて、敵キャラの中に若本規夫(セルの声の人)がいるので、その掛け合いが面白い。

是非ともプレイして欲しい。

Terraria テラリア

Logo

次はこれ、テラリアだ。

もともとSteamでのインディーゲーム and マイクラの2D版みたいな位置づけのゲームだったんだけど、あまりにも人気が出たため、PS3とPSVita、iOSに移植される事になった。

簡単に言うと、地面を掘って地下に行き、装備を整えて敵を倒していくようなゲームなんだけど、マルチプレイがとにかく楽しい!

オレはこっちやっとくから、そっち頼むわー みたいな感じ。

世界観はOfficial Trailer見たほうが分かりやすいので見て欲しい。

The Elder Scrolls V: Skyrim

Skyrim

次はこれ、Skyrimだ。2011年のゲームオブザイヤーだな。

The Elder Scrollsシリーズの第5作目となるSkyrim。前作のThe Elder Scrolls IV: Oblivionも名作だったので、発売した時の盛り上がりは凄かった。

いわゆるオープンワールドのRPGなんだけど、とにかく壮大なスケール。
完全に遊びつくすのは不可能なんじゃないかと思うくらいのボリュームと自由度が売りだ。

ゲーム自体が壮大過ぎて、文章じゃうまく語れないな…

FUS RO DAH!!!!

End of Eternity エンドオブエタニティ

81hj1rSYoGL._AA1500_

次はこれ、エンドオブエタニティ。

和製RPGなんだけど、戦闘システムが今までにない画期的というか斬新というか、言葉じゃ説明できないような新しいゲームだ。
銃だけで戦うんだけど、敵と自分の位置関係とか、銃のカスタマイズとかが重要な要素になっていて、戦闘自体が格好いい!

↓の50秒目くらいからを見てもらえれば戦闘シーンの雰囲気わかると思う。

あとリーンベル可愛い! リーンベル着せ替え楽しい! リーンベルの着せ替えを楽しむゲームだ!!!

いや言い過ぎた… そうでもないか。
ゲーム内に服屋さんがあるんだけど、かなりの数の服があり、着せ替えはムービーにも反映されるという徹底ぶりだ。

あとプレイしてて思ってたんだけど、銀魂の影響かなり受けてると思う。

ただ一つだけ言うと、ターン制RPGが好きな人にはちょっと難しいかもしれない。

Radiant Defense

2014-03-08 15.57.31

次はこれ、Radiant Defenseだ。今回の記事で唯一のスマートフォンアプリだ。AndroidとiOS両方にある。

いわゆるタワーディフェンス系のゲームなんだけど、絶妙なゲームバランス(これやっとけば勝てるとかがあまりない)と見やすいグラフィックと、見てて面白いユニットの動き。タワーディフェンス系のゲームといえばこれ!と言い切れるような作品だ。

ステージは14ステージあるんだけど… さて… 無課金で全クリできる人はどれくらいいるのだろうか…?

以上。

川田 知愼

札幌でWebプログラマーをやっています。 2013年まで色々な会社を転々としていましたが、その後は3人でIT会社をやってます。基本的に多趣味な人間なので、ブログネタはごちゃごちゃしてます。ネット上では「ふぐ」という名前を名乗ってることが多いため、奥さんからも「ふぐ」と呼ばれています。