2016年になったのでAndroid vs iOSを考えなおしてみた

やぁみんな、元気かい?

今日はかなり昔に書いた記事、AndroidユーザーのオレがiOSを半年間使った感想と比較 の更新記事を書いてみようと思うんだ。

ひとつ前の記事に書いていたんだが、上記のAndroid vs iOSの話が未だに読まれてるんだよね。

なぜ更新記事を書く必要があるのかというと、あれから2年以上の時間が経過して状況が変わったため、2016年現在で考え直すと嘘の情報になっている箇所があるんだ。

というわけで、記事を書いてみるよ。

筆者の紹介

-shared-img-thumb-PAK86_iphonetomemo20140313_TP_V

この手の記事を書いてる人って結構いると思うんだけど、お前はApple信者なのか?Googleの信者なのか? みたいな記事が非常に多いと感じるため、先に自己紹介を書いておくよ。

結論から言うとオレ自身はAndroid寄りのユーザーだ。

auからIS03が発売された当時からAndroidユーザーのため、2010年の11月頃からAndroidユーザーという事になる。その時からメインの端末としてAndroidを使っているわけだが、iOSをメインの端末として使っていた時期が半年間くらいあり、その後もiOSをサブ端末として使っている。

現在、手元にはNexus6PとiPodTouch(第6世代)がある。Androidは最新機種と言っても問題ないだろうし、iPodTouchに関しても現状のiOSを語る上では問題ない機種だと思う。

補足しておくとApple製品は好きだ。MBAとかAppleTVとかも家にある。

2013年から大きく変わったこと

-shared-img-thumb-N695_iPadnoaiconwomitumeruahirucyan_TP_V

当時の記事を見なおしてみると、オレはこんな風に書いている。

  • iOSの方がアプリのクオリティが高い
  • iOSの文字入力が使い物にならないレベルで酷い
  • iOSは端末を自由に選べない

これらの話は全て変わった。

また、スマートフォンの利用方法やアプリに関しても状況が変わったと思っていて、それについて先に触れておこう。

 

みんなはスマートフォンをどんな風に使ってる?

OSの標準機能である電話やメール、カレンダーや音楽再生、カメラや時計(アラーム含む)を除くと、SNS(LINE含む)とソシャゲしか残らないんじゃないだろうか?

 

今から思えば2013年の時はアプリの繁栄期とでも言うべき状況だったのかもしれない。特にiOSに関して言えば次々と話題のアプリが出てくるような時期だったと思う。あの時は圧倒的にiOSの方がアプリが優れていると思うのが妥当だったし、それが続くと思っていた。

しかしそうではなかった。自分とその周りの人たちだけの話なので、女子高生とかがどういう状況になっているのかは良くわからないのだが、当時と比べて新しいアプリを試して遊ぶみたいな事がかなり減ったと思う。当時が繁栄期だとすると現在は全盛期を終え成熟期の段階に達しているのではないだろうか?

いつも使っているアプリをよく見て欲しい。LINEやTwitter、Instagramや、有名ドコロのアプリばかりじゃないだろうか? そしてそれはAndroidでもiOSでも違いはないし、新しいアプリを入れてみたところで画面のよく使う場所に定着する可能性は極めて低いはずだ。 あったとしても話題のソシャゲが入れ替わるくらいだろう。そうじゃない人は恐らくこの記事をこれ以上読まなくていい。

OS自体の安定度も変わった。一時期はiOSの不安定が大騒ぎになったこともあり、絶対にiOSがAndroidよりも安定しているという話はなくなってしまった。

 

次にかなりの不満を書いていた文字入力についてだが、これについてはAppleがサードパーティ製のキーボードを認めるという形で完璧に解決した。個人的にはSimejiを使っている。

Simeji – 日本語文字入力&スタンプ・顔文字キーボード – Baidu Japan Inc.

 

iOSは機種を選べないと書いていた件だが、これも最新機種(小さい)・最新機種(大きい)・廉価版というラインナップになっているため、状況が改善している。

あと、ハードウェアに関しては最新機種と廉価版でそこまで違いが出ないような状況になってきてると思う。全体的にスペックが上がりきったという感じだろうか。

iPhone5cで撮影しても、iPhone6sで撮影しても、どうせフィルタリングしてSNSに投稿するだけだろ?

極論言うと、1万円のAndroidスマホと、10万超えるiPhoneのUXがそこまで違うとは思わないんだよね… ソシャゲとか処理が重いやつは変わるかもしれないけど、それくらいだと思う。

 

細かい話をすると

-shared-img-thumb-PAK75_shibuyaaruku20141018113735_TP_V

細かいことを言い出すとiOSはこうだしAndroidはこうだよ!みたいな事って大量にあるんだよね。

 

例えばiOSは画面の最上部に戻るUIとして画面端のタップという共通のUIがあるけどAndroidにはない。

Androidには前の画面に戻るという共通のUIがあるけどiOSには無いとか、まぁいろいろあるよ。

ただ、正直なところ上のほうで書いた利用方法で考えると、微々たる差というか、差として認識さえもされないような事ばかりだと思うんだよね。

 

オレはAndroidをメイン機種として使っているが、いきなりiPhone6sを使えと言われて渡されても日常生活で困ることはほぼ無いと思っている。

もちろん渡された時は写真や音楽をどうしようかと移行作業をするかと思うが、移行してしまえば困りはしないだろう。

逆も同じだと思う。

 

結局どっちを買えばいいんだよ?

-shared-img-thumb-NKJ52_chiisaikanyoutokeitai_TP_V

以前の記事では単純明快な結論を出していたのだが、2016年現在はそういう感じの結論を出せない。

むしろ記事内に書いたような利用方法だとUXに差異が無いのだから、答えを出すことが難しい。

 

というわけで、現時点では中身に関する事は考慮しても仕方ないという結論のため、それ以外の事で結論を出そうと思うのだが、、 そうなると適当なことしか言えないんだよね…

  • みんなと同じがいいならiPhone
  • Appleの他の商品が気になるならiPhone
  • ソシャゲやらないのなら1万のAndroidでも良いと思う。
  • 防水必須ならAndroid
  • 安いほうが良いならAndroid

 

結論として、好きな機種買えば良いんじゃない!

 

ひどい結論だ…

 

以上。

川田 知愼

札幌でWebプログラマーをやっています。 2013年まで色々な会社を転々としていましたが、その後は3人でIT会社をやってます。基本的に多趣味な人間なので、ブログネタはごちゃごちゃしてます。ネット上では「ふぐ」という名前を名乗ってることが多いため、奥さんからも「ふぐ」と呼ばれています。